魔女日記

majyogirl.exblog.jp ブログトップ

愛犬ちびの危機。

f0209058_1703325.jpg


愛犬ちびの様子がおかしい。

一週間ほど前から食欲がなく、嘔吐と下痢を繰り返し
どんどん痩せて、ちびの顔から笑顔が消えた。

病院で吐き気止めと下痢止めをもらい
飲ませるのだが、すぐにもどしてしまう。

おとといは黄色いウコンのような色のゲロをした。

「ちびっ!」とよんでも無反応。

散歩に行ってもよたよた歩きで、
近場の公園の芝生の上でぼ〜〜〜〜〜っと
遠くを見ている。

先週末は近所のグランドであんなはしゃぎあったのに。。。。
今は認知症の老人のようだ。
まるで別人になってしまった。

一体ちびに何が起こったのかっ!

ちびの痩せた体と悲しそうな目をみるたびに涙があふれた。

家の中におも〜い空気が漂う。
家族みんながちびの死を考えた。


インターネットで調べると、チビの症状は消化器系に不具合が起きている可能性が高い。
ウィルスがはいったのか、もしくは炎症を起こしているのか。
こういう時は、絶食させると書いてある。

昨日のちびは水をたくさん飲み、吐き、
自分で土をほって体を寝かすを繰り返していた。
やはり、体の中の毒だしをしているようだ。
ちびよ!大地のパワーを戴くのだ!!!!!!!


そして今日。
ふとみると水のとなりに置いておいた
鳥のササミをぐちゃぐちゃにした流動食を食べているではないかっ!!

「ちびがえさを食べてる!!!」
数日ぶりに食べ物を口にしたチビ。
顔色も昨日より良い。

午後にお見舞いに来た弟夫婦の娘の凛ちゃんに会うと
なんとちびに笑顔がっ!!!!!!
ちびが目を細めて笑っているではないかっ!!
凛ちゃんはちびのポンポをナデナデして「悪いもの飛んでけーっ」をしてる。

f0209058_17162382.jpg

よかったーーーーーー。

まだまだ本調子ではないが、回復に向かっている模様。
早くいつもの元気な姿に戻ってほしい。


母親がくじで当てて我が家にやってきてから早13年。
生後一ヶ月だった小さなチビは、立派にバージンを貫き高潔な存在として
我が家のシンボルとなった。

いつかは来るお別れの日がそんな遠い日でないことは分かっている。
でも、もう少しだけ一緒にいさせてほしいな。


一週間の絶食で痩せてしまったが
元々太っていたためふつうの中型柴犬になったセイント・チビ。

「ちびを太らせておいてよかったねっ!!」と家族全員頷き合うのであった。。。
[PR]
by majyogirl | 2012-11-04 17:22 | 日々の泡 | Comments(0)
line

マランモルンな日々


by majyogirl
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30